顧問

読み方: こもん
分類: 会社・経営|組織

顧問は、会社や団体などの組織において、相談を受け、意見を述べる役職、またはその職の人のことをいいます。これは、株式会社などの会社組織においては、会社が定める職制の呼称の一つで、通常、意思決定を行う権限はありませんが、主な役割(仕事)として、専門知識や社内経験に基づいた高度な助言が求められることが多いです。

従来(元々)は、名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを常勤または非常勤の顧問に充てるケースが多かったですが、近年では、弁護士やコンサルタントなどの専門家に「外部顧問」として顧問料を支払い、専門的見地から指導や助言などのサービスを受ける企業が増えています。

ちなみに、企業の発展に多大な功績のあった創業者や会長社長などは、経営の第一線を退いた後もしばらくの間、取締役を兼ねた「最高顧問」として処遇される場合があります。