賦課金

読み方: ふかきん
分類: 会社・経営|負担

賦課金は、役所や組合などで使われる用語で、租税(税金)や負担金などのように、割り当てられて負担するお金のことをいいます。また、賦課とは、国語辞典では「割り当てて負担させること」といった意味があります。

一般に賦課金は、あることに対して、恩恵を受ける者などが、その経費や財源などを負担するのが基本となっています。具体的には、国や地方公共団体の税金以外にも、土地区画整理(改良)事業での組合員に対する賦課金、環境対策での汚染負荷量に応じた工場(事業者)に対する賦課金、農業用水利施設や農地等の保全・維持・管理での組合員に対する賦課金などがあります。