年次報告書

読み方: ねんじほうこくしょ
英語名: Annual report
分類: 情報開示

年次報告書は、広義には、企業や官公庁などで作成される一年間を総括した報告書のことをいいます。これは、企業においては、「アニュアルレポート」とも呼ばれ、年度末にディスクロージャー(情報公開)という観点から、世界の株主や投資家、金融機関などの関係先に配布する、経営内容についての総合的な情報を掲載した冊子をいいます。当初、日本では、グローバル企業が主に海外の株主や投資家などに向けて英文(英語版)で作成していましたが、昨今では、日本語版も作成されるようになっています。

一般に年次報告書では、法律で定められた決算短信や有価証券報告書とは異なり、企業の個性が見えやすく、また長期投資で重要となる企業のビジョンや社風、経営者の考え方、戦略、社員の状況、顧客の満足度など、財務諸表には出てこない「見えない資産」を把握することができます。

年次報告書の活用

年次報告書は、様々な活用方法がありますが、株式投資に関しては、企業の経営活動を知る上で必須の資料であり、特に企業の持続性において大切な経営理念(長期)や戦略(中期)、日常のオペレーション(短期)の一貫性をチェックすることができます。

ちなみに、世界的投資家として知られるウォーレン・バフェット氏は、年間数百冊の年次報告書を読んで投資価値のある企業を探してきたと言われています。

年次報告書の閲覧方法

現在、年次報告書は、企業のウェブサイトのIRライブラリーなどで、インターネットでも閲覧できるようにしているところが多いです。また、その内容は企業によって様々ですが、例えば、日本を代表する世界的大企業の「トヨタ自動車」の場合、主な項目は以下のようになっています。

・社長メッセージ
・長期戦略
・At a Glance(業績ハイライト)
・歴史・沿革
・持続的成長を支える取り組み
・自動車以外の事業
・会社情報・株式情報 他