アドオン方式

読み方: あどおんほうしき
英語名: Add-on system
分類: 返済

アドオン方式は、返済終了まで当初の借入金額元本(元金)とみなし、利息を計算する返済方式をいいます。これは、当初の借入金額に対して利息計算を行い、その利息合計を返済回数で割って均等に月々の支払いを計算するという仕組みになっています。また、利息額は元金が減らないものとして計算されるので、実質金利は表面金利より高くなります。

<アドオン方式の計算例>

元金:100万円、アドオン金利:10%、返済回数:10回

・支払利息の総額:100万円×10%=10万円
・毎回の返済額:100万円÷10回+10万円÷10回=11万円

◎アドオン方式は、計算は簡単であるが、一方で消費者に実際の金利より低いとの誤解を与えるため、現在、割賦販売法では、アドオン金利の表示を禁止し、実質年利のみの表示を義務づけている。

◎アドオン方式は、元利均等返済方式元金均等返済方式とは異なり、返済が終了するまで、当初の借入金額をもとに利息計算を行うことから、その仕組み(計算上)において元金が減らないため、途中で繰上返済をしても支払利息の軽減効果はない。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。