卑属

読み方: ひぞく
分類: 家族

卑属は、親等の上で、基準となる人より後の世代の血族(血縁のある者、および法律上血縁があると同視される者)をいいます。これは、ある人を基準として、親族関係で後の世代にある血族を指し、子や孫などの「直系卑属」と、甥や姪などの「傍系卑属」の二つに分類されます。

一方で、卑属に対して、基準となる人より先の世代の血族を「尊属」と言います。

卑属の概要

なお、親等とは、家族関係や戸籍に関わる用語で、親族関係の遠近(親疎)を表す単位(等級)を指し、現在、日本の民法では、6親等内の血族配偶者、3親等内の姻族を「親族」としています。