政策経費

読み方: せいさくけいひ
分類: 日本経済|財政

政策経費は、国の予算編成において、経費全体を示す一般会計(歳出総額)から、国債償還利払いなどに充てる国債費を除いたものをいいます。これは、国が執行する具体的な政策に使われる経費(費用)を示すもので、財務省では、社会保障、地方交付税交付金等、文教及び科学振興、公共事業、防衛、その他に大きく分類しています。

一般に新規国債発行額を除いた歳入総額(税収・税外収入)と、国債費を除く歳出総額(政策経費)との収支のことを「基礎的財政収支(プライマリーバランス)」と言い、日本では、1992年度から一貫して赤字状態が続いており、現在、国の借金(対GDP比)は先進国で最悪の水準となっています。このような状況の中、国の将来のために財政健全化が大きな課題となっており、その対応(解決策)として、税収の拡大と共に、政策経費の削減が不可欠となっていますが、抜本的な改革は先送りされ続けています。