iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)

英語: Public Private Partnership
分類: 公共

PPPは、「Public Private Partnership(パブリック・プライベート・パートナーシップ)」の略で、官民連携事業の総称をいいます。

官と民がパートナーシップを組んで事業を行うという官民協力の形態で、行政と民間が連携し、互いの強みを生かすことによって、最適な公共サービスの提供を実現し、地域の価値や住民満足度の最大化を図るものとなっています。

現在、PPPの中で、「PFI(Private Finance Initiative)」は代表的な手法の一つで、またPFI以外には、指定管理者制度、市場化テスト、公設民営(DBO)方式、包括的民間委託、民間事業者への公有地の貸し出し、自治体業務のアウトソーシングなどの手法もあります。

<PPPの主な留意点>

・事業を行うにあたって、官民の役割分担を明確にする
・選定事業者に一定のルールや要求水準を守らせるため、しっかりした実施方針や要求水準書、事業契約などを作成し、事業開始後もモニタリングをする
・地元事業者等が出資した特別目的会社や財務の安定した民間事業者に発注するなど、選定事業者の倒産リスクにも配慮する
・コンサルティングや出融資を行える官民ファンドの活用も検討する