特例国債

読み方: とくれいこくさい
分類: 日本経済|財政

特例国債は、普通国債の一つで、別名「赤字国債」とも呼ばれ、税収及び税外収入等に加えて、建設国債を発行してもなお不足する歳出財源を補うため、特例的に発行される国債のことをいいます。また、普通国債とは、利払い・償還財源が主として税財源により賄われるものをいいます。現在、日本において、特例国債の発行は、財政法上では認められていないため、特別の立法(特例法)が必要とされます。その歴史は、1965年度の補正予算で特例国債が戦後初めて発行され、また1975年にはその発行を認める1年限りの公債特例法が制定され発行されました。そして、その後も特例法の制定により発行され、現在に至っています。

なお、特例国債に対して、国の資産を形成するものとして、公共事業費、出資金及び貸付金の財源に充てるために発行される国債を「建設国債」と言います。その発行根拠については、財政法第4条では「国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない」と規定しており、国債発行を原則として禁止していますが、その但し書きで「公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる」と規定することで、例外的に建設国債の発行を認めています。