マーク・トゥ・マーケット

英語: Mark to Market
分類: 運用管理

マーク・トゥ・マーケットは、各種金融商品の取引において、現在保有している資産(ポジション)を実際の市場価格(市場レート)で計算し、時価で評価し直す(現在価値に引き直す)ことをいいます。

株式取引や債券取引、外国為替取引、CFD取引、先物・オプション・スワップ等のデリバティブ取引などで日常的に行われているもので、日々の損益管理やリスク管理の基本となります。

例えば、外国為替取引においては、ドル買い・円売りの場合、市場レートで今売った時に、どれだけの利益または損失が出るのか、またドル売り・円買いの場合、市場レートで今買い戻した時に、どれだけの利益または損失が出るのかを計算(把握)することをいいます。