セクターローテーション

読み方: せくたーろーてーしょん
英語名: Sector rotation
分類: 投資戦略

セクターローテーションは、株式投資において、景気や相場の動向を把握した上で、各局面ごとに、有望な業種セクター(銘柄群)に投資対象を切り替えていくことで、常に高いパフォーマンスを得ようとする投資戦略(運用手法)をいいます。また、セクターとは、銘柄が持つ様々な属性のうち、何かある特定の属性に着目して分類したもので、各局面ごとで高い投資成果を達成する銘柄群には一定のパターンがあるそうです。

例えば、景気循環において、初期の段階(拡大期)では、資本財需要が高まるため、建設機械や工作機械、半導体装置などの設備投資関係の業種が買われることが多いです。また、景気の中段から上昇する局面(成熟期)では、自動車や家電、小売りなどの消費関連業種、金融や建設などの金利敏感業種が買われることが多いです。そして、景気の下降局面(後退期から停滞期)では、食糧品や医薬品、インフラなどのディフェンシブ業種が買われることが多いです。

一般にセクターローテーションで運用を行う場合、マクロ経済見通しなどに基づき、景気を先読みして、そのセクターの銘柄を買う必要があります。また、同じセクター内でも企業間の業績は大きく異なるため、企業間の格差にも注目する必要があります。なお、本手法は、投資のプロでも意外とうまくいかないことが多いので、個人投資家は経験と知識を着実に向上させて、実践していく以外にありません。