スクリーニング

英語名: Screening
分類: 運用計画

スクリーニングは、国語辞書では「ふるいにかけること、選抜、選別」を意味します。これは、金融取引(投資)においては、「ある条件を設定して銘柄を選別する」ことをいい、売買のタイミングと共に、投資で成功するための一つのカギとなっています。通常、株式投資の際に銘柄のスクリーニングを行うことが多く、その機能は証券会社の取引ページや株式情報サイト、ポータルサイトの株式コーナーなどで提供されています。また、株式以外にも、投資信託やカバードワラントなどでもスクリーニングは利用されています。

その昔、インターネットが普及する以前は、銘柄のスクリーニングは非常に大変な作業でしたが、昨今では、充実したデータベースと検索機能を使って、様々な条件を自由に設定し、その条件に合致した銘柄を簡単に探すことができます。