保障

読み方: ほしょう
分類: 概念

保障は、誰かが責任をもって安全(安心)を請け負い、ある状態が損なわれることのないように保護し守ることをいいます。これは、「保護する」というのが根本的な意味としてあり、通常、生命保険では、死亡や病気、障害などの事態に対して、安心を請け負い、経済状態が損なわれることのないように保護することから、「保障」の文字(漢字)が使われます。

「保障」を含む用語

「保障」は、複合語でもよく使われ、「保障」を含む身近な用語には、「保障事業」や「保障内容」、「保障額」、「社会保障」、「安全保障」、「死亡保障」、「医療保障」、「ガン保障」、「収入保障」、「最低所得保障」、「生活保障」、「権利保障」、「身分保障」などがあります。

「保障」の用例(本用語の使用例)

・自由な言論が保障されない限り、真の民主主義はない
・正社員は長期の雇用を保障される一方で、異動や転勤も多い
・生存権は公的年金制度のみによって保障されるものではない
定期保険は安い保険料で大きな保障を得ることができる
・過剰な保障から適切な保障額に見直すことで、保険料負担を抑えられる

保障と保証と補償の区別

「保障」と「保証」と「補償」は、身近な同音異義語ですが、それぞれ以下のような意味となっており、異なっています。

|保障|
ある状態が損なわれることのないように保護し守ることをいう。

保証
ある対象において、間違いがない、大丈夫であると認め、責任をもつことをいう。

補償
損失や費用などをつぐなうことをいう。