倹約のパラドックス

読み方: けんやくのぱらどっくす
分類: 世界経済|概念

倹約のパラドックスは、不景気下の倹約による景気悪化のことをいいます。これは、景気が悪くなると、多くの人が対策として倹約をしますが、その結果として需要が減って企業業績が悪化し、さらに景気が悪くなることを指します。

一般に不景気下においては、無駄遣いしないように努める「倹約」という行動は家計防衛から正しいですが、その正しい行動がさらに事態を悪化させるというのが「パラドックス(逆説)」となっています。