中央経済工作会議

読み方: ちゅうおうけいざいこうさくかいぎ
分類: 中国

中央経済工作会議は、中華人民共和国の共産党と政府(中国共産党中央と国務院)が年に一度(12月上中旬頃)、合同で開催する経済関連で最高レベルの会議をいいます。これは、毎年、開催前に中央指導者らが全国各地で1カ月以上かけて調査研究を実施し、経済政策についての検討が行われ、12月の本会議において、1年間の経済実績の総括、国内外における経済状況の変化への対応、マクロ経済発展計画の制定、来年の経済業務の手配などが行われます(成長率などの目標も議論)。

通常、中央経済工作会議には、党中央・国務院の指導者、全国人民代表大会・全国政治協商会議の指導者、各省・自治区・直轄市党委員会政府の主要責任者、中央・国家機関各部門の主要責任者、中国人民解放軍(軍隊)の各軍区・兵種などの主要責任者、中央直轄の関連企業(大手国有企業等)の主要責任者などが出席します。