世界知的所有権機関(WIPO)

読み方: せかいちてきしょゆうけんきかん
英語名: World Intellectual Property Organization(WIPO)
分類: 国際機関

世界知的所有権機関(WIPO)は、スイスのジュネーブに本部(国際事務局)を置く、知的財産に関する国連の専門機関をいいます。これは、1967年の「世界知的所有権機関を設立する条約(WIPO設立条約)」の施行により1970年に設立され、加盟国間の協力および他の国際機関との連携を通して、世界中で知的財産(IP)の保護を促進することを目的(職務)としています。具体的には、公共の利益を守る一方で、創造に対して報い、イノベーションを促進し、全ての国の経済・社会・文化の発展に貢献する、バランスの取れた利用しやすい「国際的なIP制度の発展」に取り組んでいます。

現在、WIPOは、貿易のグローバル化や急速な技術革新が進む中、条約の交渉、登録、執行、法的・技術的支援、研修といった様々な形で、新しい制度の発展に貢献するという重要な役割を果たしています(加盟国が知的財産権の保護を目的とした規則や実務を制定・調整するためのフォーラムとしての役割を果たしている)。また、商標や工業意匠、原産地名称の国際登録制度および特許の国際出願制度のサービス提供も行っています。