ブラックアウト・ルール

英語名: Black out rule
分類: 規則

ブラックアウト・ルールは、単に「ブラックアウト」とも呼ばれ、中央銀行の政策決定会合のメンバーが、政策決定会合の前後の時期に、金融政策に関することについて発言することを禁じたルールをいいます。これは、金融政策に関することが事前に口外されてしまうと、市場関係者やアナリストなどが予想して市場(マーケット)が先に動いてしまい、会見(発表)が効果的に行えないことを回避するためのものです。

例えば、日本銀行の場合、金融政策に関する対外発言について、政策委員会内の申し合わせで取り決められています。具体的には、金融政策決定会合開始の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時までの期間は、原則として、金融政策および金融経済情勢に関して発言をしないこととされています。

ちなみに、ブラックアウト・ルールの適用期間が一番長いのは米国で、FRB(連邦準備制度理事会)の関係者が金融政策に関して踏み込んだ発言をしてはならない期間は、FOMC(連邦公開市場委員会)が開催される前週の火曜日からFOMC終了時までとなっています。