コンファレンスボード

英語名: Conference Board
分類: 団体・機関

コンファレンスボード(Conference Board)は、「全米産業審議会」とも呼ばれ、アメリカ合衆国の経済団体や労働組合などで構成する非営利の民間調査機関のことをいいます。これは、1916年に創立され、米国および世界の経済動向分析や予測、マネジメント分析、リサーチなどを行っています。また、定期的に発表される、消費者信頼感指数や景気先行指数、求人広告指数などは重要指標として取り上げられることが多く、その中でも「消費者信頼感指数」はマーケットにおいて注目度が高いです。

なお、消費者信頼感指数とは、1985年を100として、消費者のセンチメント(消費者マインド)を指数化したもので、具体的には、5000人の消費者に対して、現状(経済、雇用)と6カ月後(経済、雇用、所得)の景況感についてアンケート調査を行い、現状の経済と雇用に関する2項目の平均を「現状指数」、経済・雇用・所得の先行きに関する3項目の平均(季節調整)を「期待指数」として、この5項目の平均値で発表されます。