内枠方式

読み方: うちわくほうしき
分類: コスト

内枠方式は、投資信託においては、手数料及びそれに対する消費税相当額がファンド購入の際の申込金に含まれている方式をいいます。

投資信託の販売手数料(申込手数料)の徴収方式の一つで、単位型投資信託(スポット投信)において採用されることが多いです。一方で、内枠方式とは異なり、手数料及びそれに対する消費税相当額がファンド購入の際の申込金に含まれず、別枠で上乗せされる方式を「外枠方式」と言います。

なお、本用語(内枠方式)は、住宅ローン等の保証料でも使われており、この場合は、ローン金利に上乗せして保証料を分割で支払う方式を意味します。