普通分配金

読み方: ふつうぶんぱいきん
分類: 収益分配

普通分配金は、追加型株式投資信託収益分配金の一つで、ファンドの分配落ち後の基準価額が、受益者(投資家)の個別元本と同額かまたは上回っている場合に支払われる分配金のことをいいます。これは、税法上、利益の分配と考えられるため、配当所得として課税されます。また、収益分配金には、普通分配金の他に、「特別分配金」があります。

一般に追加型株式投資信託では、各受益者毎に取得価額が異なるため、分配落ち後の基準価額と各受益者の個別元本とを比較し、分配落ち後の基準価額が個別元本と同額または上回ると、課税扱いとなる「普通分配金」が支払われます。一方で、分配落ち後の基準価額が個別元本を下回ると、その下回る分に相当する額の分配金は「特別分配金」とみなされて非課税扱いとなります。

例えば、追加型株式投資信託を10,500円で購入し、その後、基準価額が10、800円となり、決算時に800円の分配があったとすると、分配落ち後の基準価額は10,800円から800円を差し引いた10,000円となります。この場合、分配金の内訳は、値上がり分の300円は普通分配金で課税対象ですが、一方で残りの500円は元本の払戻しとして非課税扱いの特別分配金となります。