投信評価機関

読み方: とうしんひょうかきかん
分類: 業界

投信評価機関は、日本においては、投資信託協会からデータの提供を受けて、投資信託(ファンド)を分析・評価する事業を行う民間の会社(評価機関)をいいます。これは、運用会社や販売会社とは独立した第三者の立場から、各々のファンドを投資目的や運用方針などにより分類し、中長期の運用実績の推移や収益の変動の大きさを統計的に分析・評価する「定量評価」のほか、運用方針の明確さや運用会社の体制など、ファンドの体質を調査・評価する「定性評価」も行っています。

現在、投信評価機関が提供する情報(レーティング等)は、投資家の投資判断の参考情報、金融機関の販売時の説明資料、年金の投資対象の選定などに広く用いられています。なお、格付け(レーティング)については、各機関が独自の手法で判定し、星の数などで分かりやすく表現しています。