ベア型ファンド

読み方: べあがたふぁんど
分類: 投信区分

ベア型ファンド(ベア型投信)は、先物の利用により、相場の下落に対して1倍・2倍・3倍等の投資成果(リターン)を目指すファンドのことをいいます。これは、指数が下落した時に利益がでる(基準価額が上昇する)仕組みになっており、その投資対象となる指数には、株価指数先物や債券先物、通貨先物などがあります。また、ベア(Bear)とは「熊」のことで、その背中が丸まっていて、どちらかというと下がっている姿や、獲物を捉える時に手(爪)を上から下に振りかざす姿から、相場の世界では下落相場や弱気な見方を意味します。

なお、ベア型ファンドに対して、先物の利用により、相場の上昇に対して2倍・3倍・4倍等の投資成果(リターン)を目指すファンドを「ブル型ファンド」と言います。また、この二つを合わせて「ブルベア型ファンド」と呼ばれ、通常、マネープールファンドがセットされた「セレクトファンド」となっています。