セキュリタイゼーション/証券化

英語名: Securitization
分類: 証券ビジネス

セキュリタイゼーション(Securitization)は、「証券化」とも呼ばれ、保有する資産を有価証券に組み替えて流動化することをいいます。これは、企業や金融機関などが保有するローン債権やリース債権、売掛債権、不動産などの原資産を有価証券に組み替えて、第三者に売却する手法であり、昨今では、資産保有者の流動化ニーズや投資家の運用ニーズに対して、高度な金融技術や法的な整備が進展し、世界的に証券ビジネスとしても拡大しています。また、証券化された商品を「証券化商品」と言い、代表的なものには、資産担保証券(ABS)やモーゲージ証券(MBS)、債務担保証券(CDO)、不動産投資信託(REIT)などがあります。

一般に証券化にあたっては、原資産の保有者(オリジネーター)から、新たに設立される特別目的会社(SPC)などに原資産を移転し、原資産のキャッシュフローを裏付けに有価証券が発行されます。そして、SPC等が画一化・小口化された発行証券を引受会社(アレンジャー)を通じて投資家に販売し、その販売代金から原資産の購入代金をオリジネーターに支払う一方で、原資産の元利金はSPC等を通して投資家に支払われることになります。なお、証券化では、資金調達コストにおいて、オリジネーターの信用力ではなく、原資産の信用力が決定要素となって証券が発行されます。

●オリジネーターのメリット

証券化を通して、資産の圧縮(リスク管理)や効率的活用を行うことができる。

●投資家のメリット

証券化商品は運用の多様化になると共に、高利回りの投資機会が得られる。ただし、原資産が不良化すれば、証券化商品の価値が大きく毀損するリスクがある。(過去には、サブプライムローン問題が発生し、世界中の投資家が多大な損失を被った)