Tier1

読み方: ティアーワン
英語名: Tier 1
分類: 金融規制

Tier1は、バーゼル銀行監督委員会が定めた、銀行の自己資本比率規制で使われる概念をいいます。

Tier2」と共に、自己資本比率の分子である自己資本の項目の一つで、バーゼル1とバーゼル2とでは、定義が異なっています。また、バーゼル3では、「Tier1」が変更・分割されて、「普通株式等Tier1」と「その他Tier1」が導入されています。

なお、「Tier」には、段階や層といった意味があり、また「Tier1」と「Tier2」とでは、Tier1の方がより資本性が高く、損失が発生した時の吸収力が高いという位置付けになります。

バーゼル1のTier1の定義

バーゼル1は、日本では、1992年度末から適用されました。

◎Tier1:株主資本

自己資本比率={(Tier1+Tier2)÷信用リスク}×100

バーゼル2のTier1の定義

バーゼル2は、日本では、2006年度末から移行しました。

◎Tier1(基本的項目):普通株式、優先株式、内部留保 等

自己資本比率={(Tier1+Tier2-控除項目)÷(信用リスク+市場リスク+オペレーショナルリスク)}×100

バーゼル3の定義(Tier1が変更)

バーゼル3は、日本を含む世界各国において、2013年から段階的に実施されており、最終的には、2028年から完全に実施される予定です。

◎普通株式等Tier1:最も損失吸収力の高い資本(普通株式、内部留保 等)
◎その他Tier1:優先株式 等

自己資本比率={(普通株式等Tier1+その他Tier1+Tier2)÷(リスクアセット)}×100