バックアップライン

英語名: Buckup Line
分類: 融資

バックアップライン(Buckup Line)は、銀行が手数料を取った上で企業等に与える「信用供与枠」のことをいいます。

与信面において、予備的な銀行融資枠であり、また銀行融資枠とは、銀行と企業等(顧客)が予め設定した期間・融資枠の範囲内で、顧客の請求に基づき、銀行融資を実行することを約束(コミット)する契約を指します。

一般にバックアップラインの枠内であれば、資金調達が保証されるため、企業等は信用力を補完することができます。

例えば、コマーシャル・ペーパー(CP)の発行にあたっては、格付機関が必要と判断した場合には、バックアップライン(短期借入枠)の設定もしくは金融機関の保証がなされます。