優先出資証券

読み方: ゆうせんしゅっししょうけん
分類: 証券

優先出資証券は、株式会社の優先株式にあたるもので、協同組織金融機関および特別目的会社が、株式会社の株式にあたる普通出資を補完する目的で発行する有価証券をいいます。これは、「協同組織金融機関の優先出資に関する法律(優先出資法)」または「資産の流動化に関する法律(SPC法)」に規定されており、現在、前者の優先出資法の出資証券は、農林中央金庫、商工組合中央金庫全国信用協同組合連合会、信金中央金庫、労働金庫連合会など、会員の相互扶助を目的とした協同組織の形態をとる「協同組織金融機関」に発行が認められており、一方で後者のSPC法の出資証券は、銀行などが特定の機関投資家向けに発行することがあります。

一般に優先出資証券の仕組みについては、「出資証券」という名称の株券類似の有価証券のうち、優先株式と同様、議決権がない代わりに配当の優先権が高く、残余財産の分配においても、普通出資者に優先して分配を受けることができます。通常、発行条件については様々ですが、償還期限が長期であるかを定めず、議決権を有さず、普通出資への転換権が与えられず、また配当率が予め定められているといった条件で発行されるものが多いです。なお、優先出資は、租税特別措置法上の株式等とされているため、これを譲渡した場合の所得は、キャピタルゲイン課税の対象となります。

※2000年に信金中央金庫の優先出資証券が東京証券取引所に日本で初めて上場された。