トランシェ

英語名: Tranche
分類: 証券ビジネス

トランシェ(Tranche)は、フランス語で、一切れや薄切りといった意味があります。これは、証券化商品においては、債務担保証券(CDO)などを組成する際に、原資産のプールをリスクレベルや利回りなどの条件で切り分け、それぞれをまとめた部分(区分された各部分)を指します。また、特定の条件により区分することを「トランチング(tranching)」と言います。

一般にトランシェは、優先劣後構造の階層で区分されており、優先部分は「シニア・トランシェ」、劣後部分は「エクイティ・トランシェ」、中間部分は「メザニン・トランシェ」と呼ばれ、通常、上位ほどキャッシュフローを先に享受し、発生した損失は後で被る仕組みとなっています。そのため、下位になるほど損失のリスクが高くなり、トランシェ間のリスクの差は利回りの差に反映されることになります。