ISM製造業景気指数

読み方: あいえすえむせいぞうぎょうけいきしすう
英語名: ISM Report on Business
分類: 米国

ISM製造業景気指数は、アメリカ合衆国米国供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が発表する、製造業の購買担当役員へのアンケート結果を元にした「企業の景況感」を示す経済指標をいいます。これは、米国の製造業の最重要指標の一つで、その作成にあたっては、製造業約350社の購買担当役員にアンケート調査を実施し、新規受注・生産・雇用・入荷遅延・在庫の項目に対して、1カ月前との比較を3択(良い/変わらず/悪い)で回答したものを集計し、季節調整を加えています。

一般にISM製造業景気指数は、米国の主要指標の中で最も早く発表されること(翌月第1営業日)、また企業のセンチメント(景況感)を反映した景気転換の先行指標とされていることから、市場での注目度は極めて高いです。通常、本指数が50%を上回ると景気拡大、50%を下回ると景気後退を示唆すると言われており、特にGDPに先行して景気転換を示唆するところは重要で、1931年以来の伝統的な景気動向指数となっています。また、米連邦準備制度理事会(FRB)は、本指数が50%を下回っている場合に利上げをしたことがないので、FRBの利上げスタンスを見極める意味でも注目されています。

なお、米国の製造業の景況感を示す経済指標には、フィラデルフィア連銀製造業景気指数、ニューヨーク連銀製造業景気指数などがあり、マーケットの注目度は、(1)ISM製造業景気指数、(2)フィラデルフィア連銀製造業景気指数、(3)ニューヨーク連銀製造業景気指数の順になっており、この3指数は相関関係が比較的高いと考えられています。

<本指標の主なポイント>

・製造業の最重要指標の一つ
・主要経済指標の中で毎月最初に発表
・景気転換の先行指標として精度が高い
・50%が景気の後退と拡大の分岐点
・米国金利はこの指標に意外と敏感に反応

発表国 アメリカ合衆国
発表先 米国供給管理協会(ISM)
発表時期 毎月第1営業日
発表内容 前月のアンケート結果(製造業の景況感)