ゼロレート

英語名: Zero Rate
分類: 基本事項

ゼロレートは、「スポットレート」や「ゼロ・クーポン・レート」とも呼ばれ、途中に利払いの無い、ゼロクーポン債(割引債)のレートのことをいいます。これは、割引債のように、投資時点と回収時点のみにキャッシュフローが発生する時の複利最終利回りとして定義され、現在から一定期間後の該当する期間に満期となる「割引債の複利利回りまたはそれに相当する金利」のことを指します。

一般にゼロレートは、途中の利払いが無く、再運用の問題が発生しないことから、将来のキャッシュフローを現在価値に割り引く際に用いられます。具体的には、金融商品の現在価値(理論価値)の算出の基礎となり、本レートからディスカウント・ファクターインプライド・フォワード・レートなどが算出され、市場リスクの計測・把握等に活用されます。また、その算出にあたっては、計算対象としてデフォルトリスクのない国債が用いられるのが一般的です。

なお、流動性のある割引形式の国債は市場にほとんど存在しないため、ゼロレートを直接把握することができず、実際の対応としては、市場に流通する利付国債利回りから推定されます。(利付国債をクーポン部分と元本部分とに分け、それぞれの支払時に満期を迎える割引債の組み合わせと見なしてゼロレートが算出される)