国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)

読み方: こくさいすわっぷでりばてぃぶきょうかい
英語: International Swaps and Derivatives Association(ISDA)
分類: 基本事項

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)は、OTCデリバティブの効率的かつ着実な発展を促進するため、1985年にアメリカ合衆国のニューヨークで設立された、デリバティブに関する世界的な組織(全世界的な業界団体)をいいます。

現在、ISDAの構成会員は、OTCデリバティブに携わる各国の主要金融機関(銀行、証券会社等)、事業法人、エンドユーザー、サービスプロバイダー、コンサルティング会社、政府系機関、中央銀行などとなっています。

目次:コンテンツ構成

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の概要

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)は、OTCデリバティブ市場の主要参加者(会員)により構成されており、その役割は、各国政府や他市場の業界団体と密接に連携して、デリバティブ市場の発展促進に努めることです。

具体的には、主として、金利スワップや通貨スワップ、コモディティデリバティブ、クレジットデリバティブ、天候デリバティブなどの取引を対象とした契約書の発展と維持、取引の効率的な締結のための市場慣行の促進、および健全なリスク管理体制の発展などを目的として活動を行っています。

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の主な業務

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)は、現在、以下のような業務を行っています。

・デリバティブ取引契約書の発展と維持など、取引の効率的締結のための市場慣行の促進
・健全なリスク管理体制の発展の推進
・商取引管理水準の高度化の推進
・OTCデリバティブ取引の国際的かつ一般的な理解の促進
・法律、規制、会計、税務、オペレーション、テクノロジー他、協会員などに影響を及ぼす事柄についての教育や啓蒙
・会員共通の関心事項について分析、議論を行なうためのミーティングの設定

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の合意事項

国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)の会員が合意した事項に関しては、強制力を持たない「業界のベストプラクティス」として公表されますが、通常、その多くは、業界関係者のみならず、各国規制当局や他の業界団体との密接な対話を経て形成されることなどから、「事実上の世界標準」として機能しています。