店頭デリバティブ

読み方: てんとうでりばてぃぶ
英語: Over-the-counter derivatives
分類: 基本事項

店頭デリバティブは、「OTCデリバティブ」とも呼ばれ、金融商品取引所や商品取引所などの取引所(公開市場)を介さず、当事者同士が相対で取引を行うデリバティブをいいます。一方で、店頭デリバティブに対して、公開市場で取引されるデリバティブは「市場デリバティブ」と呼ばれます。

現在、世界のデリバティブ市場において、店頭デリバティブで取引残高が多いのは、原資産が金利や為替に関するもので、日本においては、金利スワップが一番多いです。また、個人向けでは、上場していないCFD(差金決済取引)やバイナリーオプションなどが挙げられ、一部の証券会社等で取引を行うことができます。

なお、個人向けの店頭デリバティブは、商品の複雑性とリスクから、金融商品取引法において、投資家からの要請がなければ勧誘できない「不招請勧誘禁止」の対象となっています。