ユロル

読み方: ゆろる
分類: 俗語

ユロルは、通貨ペアの「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」の略語(ネットスラング)をいいます。これは、米国と欧州(ユーロ圏)という世界の二大経済圏の通貨を対象とするものであることから、世界の外国為替市場で最も通貨取引量が多いです。

米ドル(USD)は世界の基軸通貨
ユーロ(EUR)は米ドルに次ぐ国際通貨

一般にユロル(EUR/USD)は、マーケットにおいて、常に取引が多いため、流動性が高くなり、スプレッド(売値と買値の差)は小さくなる傾向があります。また、ユロルの変動要因はいくつかありますが、最も基本的なものとして、ユーロ圏と米国の金利差があり、ECBやFRBの金融政策は常に注目されます。

なお、世界の通貨取引量で、ユーロ/米ドルに次ぐ、二番手は米ドル/日本円となっています。