ロシア・ルーブル(RUB)

英語: Russian ruble
分類: 通貨

ロシア・ルーブルは、ロシア連邦が使用する通貨をいいます。これは、ロシア中央銀行が発行・管理し、2014年11月から変動相場制を採用しています(補助通貨はカペイカで、1ルーブル=100カペイカ)。また、アルファベット3文字で記述した、ISO 4217で定められた世界共通で用いられる通貨コードは「RUB」となっています。

なお、ISO 4217とは、ISOで制定された国際標準の一つで、各国あるいは各地域の通貨を3文字のコードで記述できるようにしたもので、最初の2文字がISO 3166-1 alpha-2で定義された国名コード、最後の1文字が通貨のイニシャルを表しています。

ロシアの概要

ロシア連邦(Russian Federation)は、世界最大の国土を持つ、ヨーロッパとアジア(ユーラシア大陸の東西)にまたがる連邦共和制国家です(首都:モスクワ)。

20世紀の冷戦時代に米国と対峙したソビエト連邦が崩壊後に成立した国家で、今日でも世界有数の軍事力と政治力を誇り、また外交の最優先地域は、旧ソビエト連邦の国々で形成された緩やかな国家連合体であるCIS諸国となっています。

ロシアの経済

ロシア連邦は、世界的に経済発展が著しいBRICsと称される国の一つで、現在、経済面では、欧州連合(EU)が第一の貿易相手先となっています。また、世界有数の資源大国で、主な産業として、石油や天然ガスなどの鉱業、鉄工業、機械工業、化学工業などが挙げられます。

ロシア・ルーブルの取引

ロシア・ルーブルは、日本において、一部の金融機関等で、外国為替証拠金取引(FX)の対象通貨の一つとなっているほか、ロシア・ルーブル建債券も販売されています(2022年2月にロシアがウクライナ侵攻後は取引停止)。