準備通貨

読み方: じゅんびつうか
英語名: Reserve currency
分類: 通貨区分

準備通貨は、政府や中央銀行が対外支払準備として保有する外国通貨(外貨)のことをいいます。これは、外貨準備の総額において、相当量を占める国の通貨を指し、19世紀の金本位制度では英ポンド、第二次世界大戦後は米ドルが世界の中で支配的な地位を占めていました。

現在、世界各国が準備通貨として保有する外貨の割合は、米ドルが約6割、ユーロが約2割で、その他に、日本円英ポンドカナダドル豪ドル人民元スイスフランが少しの割合を占めており、日本円は3番目に位置します。なお、今後は、2015年にIMFSDRの構成通貨となった人民元が準備通貨として増加すると予想されています。