シニアクレディッター

読み方: しにあくれでぃったー
分類: 資格

シニアクレディッターは、日本クレジット協会が主催する、クレジット審査業務能力検定試験上級コースに合格した人に付与される民間資格をいいます。

1993年に創設された資格で、審査業務の原理、クレジット業界の動向、インフラ整備、担保ローン審査、住宅ローン審査、法人審査、加盟店審査、リース審査などの幅広い知識と実施能力を習得することにより、クレジット業界の健全な発展とクレジット審査業務に対する社会的評価や信頼を高めることを目的としています。

なお、クレジット審査業務能力検定には、「シニアクレディッター」の他に、一般資格の「クレディッター」もあります。

●シニアクレディッターの受験対象者

原則として、日本クレジット協会の会員企業・団体またはこれらに関連ある企業等の職員(審査部門の管理者、審査部門のスーパーバイザーなど)。

●シニアクレディッターの資格取得

1.通信講座の申込と受講(毎年8月から10月の3カ月間)
2.添削課題の提出(2回)
3.添削課題を期限内に提出し、かつ70点以上の方を「講座修了者」として認定し、認定試験を受験する資格を付与
4.認定試験(100点満点中80点以上で合格)
5.シニアクレディッターに認定