オーソリ

読み方: おーそり
分類: カード実務

オーソリは、「オーソリゼーション(Authorization)」の略で、「信用承認」や「販売承認」とも呼ばれ、カード加盟店クレジットカード会社に対して、カード利用者(カード会員)の信用確認(与信照会)をすることをいいます。これは、カード会員クレジットカードを使って商品やサービスを購入する場合に、加盟店がカードの有効性(利用可否)について、カード会社に確認(チェック)することを指します。

一般にクレジットカード決済は、加盟店が「オーソリ」と「売上処理」を行うことによって決済手続きが完了し、オーソリはカード決済の前段階となっています。

オーソリの概要

オーソリは、加盟店において、顧客のクレジットカードで決済できるかを確認する作業であり、具体的には、顧客のクレジットカードが有効か否かや利用限度額に達していないかなどをカード会社に確認し、その上でクレジットカードの利用枠を確保する処理のことを指します。

また、オーソリの種類には、「自動オーソリ」と「手動オーソリ」の二つがあり、加盟店のビジネス(商取引)のスタイルに合わせて選択できます。

オーソリの必要な理由

クレジットカード決済において、オーソリが必要な理由として、以下が挙げられます。

・偽造カードや盗難カードなどによる不正使用を防止するため。
・加盟店では、顧客のクレジットカードの利用限度額の状況や支払遅延等のトラブルなどが分からないため、カードの利用都度、カードの有効性を確認するため。

オーソリゼーションコードとオーソリエラー

加盟店において、顧客(カード会員)が一定金額以上の買い物(支払い)をする場合は、本当に与信(信用供与)が可能かどうかをカード会社に照会し、オーソリゼーションコード(承認番号)をもらうことが義務づけられています。通常、この作業は、クレジットカード端末機を通してオンラインで行われますが、カード会社に直接電話連絡して行われることもあります。

●オーソリゼーションコード

オーソリを行った後、カード会社が決済を承認すると、カード会社より「オーソリゼーションコード」が発行される。本コードは、予約番号のようなもので、この時点では売上は確定していない。

●オーソリエラー

オーソリが不承認となった場合、それぞれのエラーに応じてカード会社から「エラーコード」が付与される一方で、顧客はクレジットカードでの支払いはできない。