規模の経済

読み方: きぼのけいざい
英語名: Eeconomies of Scale
分類: 市場・価格

規模の経済は、「規模の経済性」とも呼ばれ、生産量が大きくなる程、単位当りの生産費(平均費用)が逓減していくことをいいます。これは、主に設備投資や研究開発に莫大な固定費用がかかる産業において、生産規模の拡大に伴ってコストが下がり、収益率が向上することを指し、具体的には、鉄鋼業や石油化学産業などが典型例として挙げられます。

一般に規模の経済は、スケールメリットを活かした企業の合理的な活動ですが、一方で市場独占などの主要因でもあり、完全競争市場の価格メカニズム機能を阻害することもあります。なお、ビジネスの現場では、曖昧な知識からか「規模の経済」を「規模の利益」と言う人がいますが、これは誤用ですので、もし自分が使う場合には間違えないようにしましょう。