範囲の経済

読み方: はんいのけいざい
英語名: Economy of Scope
分類: ビジネス・産業|概念

範囲の経済は、「範囲の経済性」とも呼ばれ、複数の製品・サービスをそれぞれ別の企業が生産・提供するよりも、同一の企業がまとめて生産・提供した方が費用(コスト)を節減できることをいいます。これは、事業の多角化を説明する際の論理として用いられており、例えば、製造業の場合、複数の製品において、同じ生産設備を利用できたり、管理費等で重複する部分が削減できるため、一つの企業で複数の製品を生産した場合に、そのコストの合計が同じ複数の製品を別々の企業で生産した場合の合計と比べて、相対的に低くなる現象を指します。

一般に範囲の経済は、どのような場合でも大きく働くわけではなく、できるだけ重複して利用できる部分やコスト削減を多くし、シナジー効果(相乗効果)が高いと見なすことができる製品・サービスの組合せが大きなカギとなります。