一部デフォルト

読み方: いちぶでふぉると
英語名: Restricted default
分類: デフォルト

一部デフォルトは、「RD」や「一部債務不履行」とも呼ばれ、フィッチ(Fitch)の長期格付尺度の一つで、債券やローン、その他重要な金銭債務に関して支払不履行が治癒されていない一方、破産申立て、会社管理、管財人の任命、清算その他の清算型倒産手続が開始しておらず、かつ事業停止には至っていない発行体を示すものです。

<具体的状況として含まれるもの>

・特定のクラス又は通貨の債務における選択的な支払不履行
・銀行融資、資本市場証券その他の重要な金銭債務にかかる支払不履行に続き、一定の支払猶予期間、治癒期間又は権利行使猶予期間の徒過後も債務不履行が治癒されないこと
・一件以上の重要な金銭債務が、連続して、又は、同時に支払不履行となった際の複数回に及ぶ権利放棄又は権利行使猶予期間の延長
・一件以上の重要な金銭債務について強制的な債務交換の実施

現在、フィッチでは、借手が一部債務について利払いや元本返済を停止した場合の「一部デフォルト」と、利払いや元本返済が不可能になったり、債権者への返済を拒否したりした場合の「デフォルト」に違いをつけています。また、S&Pも同様に「選択的デフォルト(SD)」を設けていますが、Moody'sは特に二つの違いを設けておらず、最下級の「C」は元利回収の見込みが極めて薄いデフォルト状態を示します。

なお、市場参加者の方でも、「秩序だった、または無秩序な」、「ソフトまたはハードな」、「管理されたまたは混乱した」デフォルトなどと表現し、リスク認識として違いをつけています。

<フィッチの長期格付尺度>

・投資適格:AAA、AA、A、BBB
・投資不適格:BB、B、CCC、CC、C、RD、D