アンティークコイン

英語名: Antique Coin
分類: オルタナティブ投資|コイン

アンティークコインは、古い歴史を持つ通貨貨幣の総称をいいます。これは、明確な定義は特にありませんが、投資面においては、希少性が高く、グレード(品質)が高く、鑑定付で、投資として将来的な値上がりが見込める金貨や銀貨、銅貨のことを指します。具体的には、保存状態の良い、1600年~1900年代前半に発行された欧米のコインが世界的に人気があるほか、古代ギリシャや古代ローマなどの古代コインも取引されています。

一般にアンティークコインは、欧米の富裕層の間では投資対象の一つとして古くから注目されており、専門店やオークションなどの流通経路が整備されています(日本では2010年代以降注目される)。その価格は、現存枚数やデザイン、保存状態などで決まりますが、最も影響が大きいのは需給バランスです。既に現存枚数が限られているため、将来的に需給面で減ることはあっても増えることは無く、それゆえ価値が永続的に向上していくと言われています※。また、メンテナンスが不要で、価値ある実物資産で資産保全ができる点もメリットとして挙げられます(保管も容易でポータブル性もあり)。

※全てのコインが値上がりする訳ではなく、希少性、グレード、人気が運用面のカギになる。

<アンティークコインの専門用語>

●Standard Colatog Of World Coins

世界のコイン情報が掲載されている専門書(投資家のバイブル)。1600年代から現在までに発行されたコインが100年単位で掲載。

●メダルアライメント

表裏でデザインの上下の向きが同じもの。

●コインアライメント

表裏でデザインの上下の向きが逆のもの。

●ピエフォー

通常のコインよりも厚みのあるコイン。

●ミントマーク

コインを鋳造した場所を指すマーク。

●アジャストマーク

コインを製造する際に重量を調整する際にできた傷跡。

●バッグマーク

コインを製造する際や運搬する際にできた傷跡。