NAV倍率

読み方: えぬえーぶいばいりつ
分類: REIT

NAV倍率は、不動産投資信託(REIT)の時価総額が保有不動産の正味価値に比べて、何倍かを示す指標をいいます。

REITを評価する基準の一つで、REITの保有不動産の鑑定評価額の合計から負債を引くなどして算出する「純資産価値(NAV:Net Asset Value)」に対し、REITの時価総額(=投資口価格×発行済投資口数)が何倍かを算出したものです。

※投資口:投資法人(REIT)が発行する、株式会社の「株式」に相当するもの。

NAV倍率の計算式

一般にNAV倍率は、株式のPBR(株価純資産倍率)に相当するもので、REITの1口当たりNAV(1口当り純資産価値)に対して、投資口価格(REITにおける投資口が取引所において日々売買される価格)の何倍まで買われているのかを示し、REITへの投資を判断する際に使われます。

通常、これが1倍を割っていれば割安とされ、また1倍であれば割高でも割安でもないということになりますが、一方で1倍を超えてくると徐々に割高感が浮上してきます。