特定保管

読み方: とくていほかん
分類: 寄託

特定保管は、純金積立プラチナ積立において、顧客(積立の加入者)が購入したプラチナを、取扱会社が自社の資産とは別に保管(分別管理)する方法をいいます。これは、取扱会社が万が一破綻した場合でも、積み立てた金やプラチナは加入者に全量返還されるため、資産保全において安全性が高いと言えます。また、特定保管を採用する会社の中には、定期的に監査法人から現物の保管状況のチェックを受けているところもあります。

なお、純金積立やプラチナ積立で購入した金やプラチナの保管方法には、特定保管の他に「消費寄託」があります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!