オンバランス

英語名: On balance
分類: 企業会計

オンバランスは、企業会計において、貸借対照表(バランスシート)に計上されている項目やその額、および計上されていることをいいます。これは、事業運営に活用されている資産負債でありながら、会計上は資産や負債とみなされず、バランスシートに計上されていないことをいう「オフバランス」とは反対の概念で、すなわち「通常の会計処理」であり、またバランスシートを見ることで内容を確認することができます。

一般にオフバランス取引については、金融取引の高度化や複雑化に伴って拡大し、またバランスシートのスリム化や資産の効率化などが可能であったことから、企業価値を高める一つの手法として積極的に活用されてきました。その一方で、時代の変遷の中、企業の取引実態が掴めないという弊害も発生し、今日では、取引実態の的確で透明な情報開示を求める「ディスクロージャー強化」の流れから、一昔前にオフバランス取引として認められていたものがオンバランス処理されるようになっています。