注文請書

読み方: ちゅうもんうけしょ
分類: 財務・会計|書類

注文請書は、ビジネス上の取引(商取引活動)で交わされる書類の一つで、受注者から顧客(発注者)に対して受注したことを証明する文書(書類)をいいます。これは、会社によって様式が異なりますが、その内容としては、日付、会社名、商品名、数量、単価、合計金額、納期、納品場所、支払条件、担当者といった情報が記されています。

一般に契約の際には、「申込み」と「承諾」とがあり、両者が合致すれば、原則として契約が成立しますが、商取引活動においては、その記録として書類が作成されることが多いです。通常、注文書と注文請書は一対で用いられ、発注者が「注文書」を受注者に渡し、受注者が「注文請書」を発注者に渡すことで商取引の契約が成立します。

なお、注文書と注文請書は、日々の商取引で使われるものですが、これに対して、新規に取引をする際には、より具体的な取り決めをした「基本契約書」を双方で取り交わすことも多いです。