長期固定適合率

読み方: ちょうきこていてきごうりつ
分類: 財務・会計|財務分析

長期固定適合率は、貸借対照表から財務の安全性(健全性)を見るための指標の一つで、固定資産株主資本固定負債の合計で割った比率をいいます。これは、「固定比率(固定資産を株主資本で割ったもの)」と共に、企業の資金源泉と資金使途の適合状況を分析する際に使われる指標で、具体的には、企業の固定資産(設備投資等)が長期の資金(返済期限のない株主資本と返済期間が長い長期借入金や社債等の固定負債)で賄われていることが望ましいとされます。

一般に長期固定適合率が100%を下回っている場合は、財務面で安全(望ましい水準)とされ、一方で100%を上回っている場合は、固定資産の資金調達の一部が短期で返済しなければならない流動負債(短期借入金等)で賄われていることになり、財務面で不安定さがあると言えます。なお、長期固定適合率は、流動資産を流動負債で割ったものである「流動比率」と表裏一体の関係にあり、流動比率の改善は本指標の改善につながります。

・長期固定適合率(%)={固定資産÷(株主資本+固定負債)}×100