包括利益

読み方: ほうかつりえき
英語名: Comprehensive income
分類: 財務・会計|業績

包括利益は、貸借対照表(B/S)に直接算入してきた有価証券評価損益・為替換算調整勘定・土地再評価なども企業活動で生じた損益であるとして、損益計算書(P/L)に反映させた最終利益のことをいいます。これは、企業の最終的な儲けである純利益に資産価値の増減を加えた「総合的な利益指標」となっています。

一般に包括利益は、日本の会計基準にはない指標で、国際会計基準において、新しい業績報告書で開示されるものです。本指標のメリットとして、決算操作の余地をなくすことで企業実態の透明性が高まることが挙げられる一方で、そのデメリットとして、本業の儲けが分かりにくいことや、業績が株価為替などの市場動向によって大きく左右されることなどが挙げられます。

例えば、包括利益では、保有している株式が値上がり(値下がり)すれば、それも利益(損失)に計上するため、日本企業の場合、持ち合いなどで多額の株式を保有していることから、純利益に比べて包括利益の変動が大きくなりやすいという特色があります。

なお、国際会計基準では、今のところ、純利益を最終利益とする現行の損益計算書の開示も認められています。