一株当たりキャッシュフロー

読み方: ひとかぶあたりきゃっしゅふろー
英語: Cash Flow Per Share
分類: 財務分析

一株当たりキャッシュフローは、「CFPS」とも呼ばれ、一株当りいくらのキャッシュフローを生み出したのかを示す財務指標をいいます。

簡易キャッシュフローを発行済株式数で割ったもので、その企業が事業活動において、キャッシュフローに裏打ちされた利益を上げられているのかを見るのに使われ、この値が大きいほど好ましいとされます。

一株当たりキャッシュフローの計算式

一般に簡易キャッシュフローとは、当期純利益(税引後利益)に、利益から差し引かれた減価償却費を再び加えた金額をいい、通常、減価償却方法の異なる企業の収益力を比較可能にし、企業の現金を生み出す力を示すものとして利用されています。

なお、本指標に対して、企業の一株当たりの利益額から収益性を見る指標で、当期純利益を発行済株式数で割ったものを「一株当たり利益(EPS)」と言います。