ソニー損害保険(ソニー損保)

ソニー損害保険(ソニー損保)は、ソニーフィナンシャルグループの損害保険会社です。1999年の開業以来、インターネットや電話を使った「ダイレクト保険会社」というビジネスモデルで、顧客との直接対話を通して、合理的で質の高い保険サービスを展開し、年々、契約者数は増加し、順調に成長を続けています。

現在、ソニー損保では、「"Feel the Difference" ~この違いが、保険を変えていく。~」をコーポレートスローガンに掲げ、これを実現するために、顧客の声に真摯に耳を傾け、顧客とより良いコミュニケーションを図り、そして顧客にとって役に立つサービスを提供することに努めています。

|ソニー損保のVision|
ソニーらしく、自由闊達な発想のもと現在から未来への担い手として、新しいライフスタイルをつくるため、常に創造と革新にチャレンジする。

|ソニー損保のMission|
お客様との直接対話を通して合理的で質の高い保険サービスを提供し、安全で安心できるパーソナルライフの実現に貢献していく。

ソニー損保の沿革

ソニー損保は、設立以来、多くの顧客の支持を得て、顧客満足度の高い金融機関(ダイレクト損保のリーディングカンパニー)へと成長しました。

・1998年:ソニーインシュアランスプランニングを設立
・1999年:ソニー損害保険に社名変更、自動車保険の販売開始
・2000年:資本金を100億円とする
・2001年:資本金を150億円とする
・2002年:ガン重点医療保険「SURE(シュア)」の販売開始
・2003年:資本金を200億円とする
・2004年:ソニーフィナンシャルホールディングスの傘下に入る
・2006年:コミュニケーションサイトを新設
・2007年:ガン重点医療保険「SURE(シュア)」の商品改定
・2010年:携帯サイトの機能拡張
・2011年:Facebookページの運営開始
・2012年:アニコムの株式等の一部取得、公式サイトのリニューアル
・2013年:自動車保険のインターネット割引額を拡大
・2017年:入院実費型医療保険「ZiPPi<ジッピ>」の販売開始

ソニー損保の自動車保険

ソニー損保の自動車保険は、充実した補償を納得感のある保険料で提供するリスク細分型の自動車保険で、主な特長は以下のとおりです。

・頼れる事故解決サービス(事故受付時も安心、専任担当者が最後までしっかりサポート)
・セコム事故現場かけつけサービス(セコムの緊急対処員が急行)
・充実のロードサービス(車と人の両方をサポート)
・保険料は走る分だけ(予想年間走行距離に応じて保険料算出)

ソニー損保のガン重点医療保険「SURE<シュア>」

ガン重点医療保険「SURE<シュア>」は、「病気・ケガ」や「ガン」「事故」など、日本人の入院リスクに関するデータを徹底的に分析することにより、合理的な保障を納得感のある保険料で提供する医療保険で、主な特長は以下のとおりです。

・必要な保障を一生涯カバー(保険料も上がらない)
・3大疾病を含む、7大生活習慣病もカバー
・1000種類以上の手術をカバー(先進医療も通算2000万円まで保障)
・がんを手厚くカバー

ソニー損保の会社概要

ソニー損保は、自動車保険や医療保険、火災保険、海外旅行保険、ペット保険などの商品・サービスを、一人ひとりの顧客にダイレクトに提供する、ソニーフィナンシャルグループのダイレクト保険会社です。

※ソニーフィナンシャルグループ:金融持株会社のソニーフィナンシャルホールディングス(東証1部上場)と、その傘下のソニー生命、ソニー損保、ソニー銀行などから構成される金融サービスグループ。

商号 ソニー損害保険株式会社
〔Sony Assurance Inc.〕
設立日 1998年6月10日
所在地 東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F
事業内容 損害保険業
株主構成 ソニーフィナンシャルホールディングス100%

金融ブランド事典

カテゴリー