ダンレポート(D&Bレポート)

ダンレポート(D&B Business Information Report)は、「D&Bレポート」とも呼ばれ、米国のダン・アンド・ブラッドストリート(D&B)が提供する、世界中で最も利用されている企業情報レポートをいいます。これは、企業概要や特記事項、支払振り(ペイメント情報)、財務情報、その他の調査項目から構成され、現在、紛争地区を除く世界中をカバーしており、D&B独自の信用格付から経営沿革まで幅広い企業情報を網羅しています。

ダンレポートの主な特色

ダンレポート(D&Bレポート)は、全世界(約200カ国)の企業信用情報を網羅し、企業信用力を一律に評価(信用格付は純資産額と4段階の総合評点で構成)し、また独自のペイメント情報を発信といった特徴があり、ビジネス上のリスク回避や新規ビジネス開拓など意思決定支援ツールとして、世界中で幅広く活用されています。

●取材にあたっては、現地オフィスから対象企業にインタビューを行うほか、公的機関届出情報や登記、財務諸表などを入手し、さらにD&B独自の収集によるペイメント情報などを基に調査レポートを作成している。

●米国のレポートに関しては、システマチックに取材を行うことで、常に最新情報の提供が可能となっている。

ダンレポートのD&Bと日本事業

D&B(Dun & Bradstreet, Inc.)は、1841年に創立された、米国ニュージャージー州に本社を置く、世界最大の企業情報データベースを保有する企業情報サービス会社です。(1933年にR.G.DunとBradstreet Companiesが合併)

現在、日本においては、民間の企業信用調査会社である東京商工リサーチがD&Bと業務提携し、日本国内でのD&Bの製品・サービスの販売を行っているほか、日本国内のダンレポートを作成しています。

金融ブランド事典

カテゴリー