重加算税

【読み方:じゅうかさんぜい、分類:税分類】

重加算税は、納税者が課税標準や税額の計算の基礎となる事実を隠したり偽ったりして、不正な納税申告をした場合に課される附帯税をいいます。

行政制裁的な性格を有する「加算税」の一つで、過少申告加算税無申告加算税不納付加算税が課される場合において、対象となる課税標準または納付すべき税額の基礎となる事実を隠ぺいまたは仮装し、故意に実際よりも少ない納税額の申告書を提出した場合などに課されるものであり、これらに代えてより高い税率で課されます。

現在、過少申告重加算税に代えて課される重加算税の税率は35%、無申告重加算税に代えて課される重加算税の税率は40%、また不納付重加算税に代えて課される重加算税の税率は35%となっています。

金融知識ガイド

税金用語集