iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

売買高

読み方: ばいばいだか
英語: Turnover, Trading volume
分類: 指標

売買高は、「出来高」とも呼ばれ、金融商品取引所証券取引所)や商品取引所などにおいて、株式や債券、先物・オプション、FXなどが売買(取引)された量をいいます。

具体的には、株式では「商いが成立した株数」、債券では「商いが成立した金額」、先物・オプションとFXでは「商いが成立した枚数」で表され、その量が多いということは、投資家の売買が活発であることを意味します。また、マーケット(市場)において、売買高と価格は関係性が深く、常に両者の動きに注目することが必要です。

一般に株式の売買高を見る場合、以下の「市場全体の売買高」と「個別銘柄の売買高」の2つの視点があります。

●市場全体の売買高

市場エネルギーの大小を測るモノサシとして利用され、例えば、株価が上昇し始めた時に大きな売買高を伴うと、大勢の投資家が積極的に買い始めたことが伺え、今後さらに株価が上昇するのではないかと推測することができる。

●個別銘柄の売買高

市場の中での人気を表すバロメーターとして利用され、特に株式の短期売買が中心のデイトレーダーにとって、最重要視する指標の一つとなっている。